1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 母乳ケア育児相談
  4. 7/23.24卒乳・断乳後のケア

ママズケアの取材・雑誌掲載情報や、
教室・セミナー等のご案内を掲載しております。
親子で楽しめるレッスンやイベントの他、
子育て相談も開催しております、お気軽にご参加ください。

母乳ケア育児相談 2020.07.21
7/23.24卒乳・断乳後のケア
こんにちは!4連休はパパにもサポートしてもらい、 断乳トライを考えているかたも いらっしゃいます。 断乳卒乳前後のケアについてです。 断乳前に、断乳溜まっている母乳を しっかり出すほうが、 やめた後の張りが少なく、 楽になる過ごせる方が多いです。 Mamas'Careは7/23.24 休日ですが、断乳ケアあります。 ネット予約こちら D4CEE825-CD98-43CA-8C39-052BC51D9BD9.png ・・・・・ 「断乳と心のつえ」 断乳と卒乳の違い 卒乳は、子どもから母乳を飲まなくなることです。 断乳は、親の主導で、子どもは母乳を飲みたがっていますが、いいきかせて止めることです。 実際には、どちらとも言えないケースもあります。 例えば、 ⚪︎「おっぱい飲む?」と聞けば、飲みますが、 何も言わないと欲しがらない子。そのまま、誘わずに飲まなくなった。 ⚪︎1日何回も欲しがっていたが、「そろそろおっぱいやめようか」 と言ったら、次から欲しがらなくなった。 といった子どもさんは、卒乳と断乳どちらかに決めることはできないかもしれません。 子どもにとっての「おっぱい」 母乳(おっぱい)=栄養 というよりも、生後9ヶ月くらいからは、 母乳(おっぱい)=心のつえ になってくるようです。 「暇だからのもうか」「知らない場所や人がいてこわいからおっぱい」 など、お腹が空いていない時も、欲しがるようになります。 先日は2歳までおっぱいを飲んでいる子が、 「私のおっぱいみせてあげる。ちょっと飲んでいいよ」 というようなことをお友達に言ったそうです。 おっぱいにミニカーを差し出したり、離乳食を食べさせようとする子もいました。 おっぱいは大切なひとで、ママとは別人格のようです。 そんな「おっぱいさん」とのお別れが断乳です。 断乳を納得しているかどうか 毎月200人くらいの方の、乳房ケアをさせていただいておりますと、 卒乳・断乳後のケアでお越しになる方が3割くらいいらっしゃいます。 断乳のケアの時に思うことがあります。 子どもさんが納得しているケースでは、 子どもは、ちらちらとおっぱいを見ますが、 ぐっと堪えているような態度をとることがあります。 急にやめたケースでは、 どうしておっぱいをくれなくなったのかわからないため、泣いておっぱい欲しいよと訴えている子もいます。 納得していないので、怒っているような様子にもみえます。 断乳する時には、子どもに「おっぱいバイバイしようね」 といったニュアンスのことを伝えておくとよいのではないでしょうか。 ・・・・・・ 断乳の時期 断乳をする時期ですが、 ほっておくと、だいたい1歳半から2歳でやめる子が多いようです。 栄養は食事から摂れていますが、おっぱいが心の支えとなっています。 「保育所にはいるから」 「1歳だから」「2歳だから」と時期でタイミングを決めずに、 子どもが、おっぱい以外の「心のつえ」が探せているか、 準備が必要だと思います。 タオルやガーゼ、小さなぬいぐるみ、エプロンなどの「モノ」や、 絵本を読む、肌にタッチするマッサージなどの「動作」も、 子どもの心のつえになります。 ・・・・・ 断乳の方法 最後に飲ませる日を決めます。 「おっぱいばいばいしようね」と泣いても飲まさず、 別の方法であやします。 数時間泣くかもしれません。途中でママの心が折れて、おっぱいをあげようと思ったら、 再開してもよいですよ。ちょっと早かったかなと、時期をみてやり直せばよいのです。 食事の量は増える子が多いです。基本的には欲しいだけ食べさせます。 3日もすれば、泣かずに眠れるようになってくる子が多いです。 が、時には長くかかる子もいますので、子どもさんにあったやり方をしましょう。 ・・・・ おっぱいの手入れ 飲まさないとおっぱいがぱんぱんに張ることがあります。 授乳と同じ回数までは搾乳できます。 我慢しすぎずに、しぼりましょう。 「おにぎり搾り」といいますが、ぽたぽたくらいしかでないようでしたら、 しっかり搾ってもよいです。 すっきりとさせて、また、作られるといいますが、子どもが飲むのと搾乳では刺激が違うので、搾っているとだんだん出なくなってきます。 搾乳機でも手搾りでもどちらでもよいです。 3日目のケア 全部キレイに搾り出します。 授乳していたときの残乳があると、しこりとなって残ってしまうことがあります。 乳腺が閉じてしまってからでは、出すことが難しくなります。 3週間目のケア ほとんどの方は張っていることはなくなります。乳房も小さくなります。でも、5ミリくらいの小さな残乳が、複数残っていることが多いです。 将来がん検診などのエコーで、判断しにくくなることもありますので、小さなしこりをケアで散らしていきます。 よく分泌していた方は、3日目と3週間目の間にも1-2回ケアが必要な方がいらっしゃいます。 ・・・・・・ 断乳することになっても、子どもの気持ちに寄り添ってあげてくださいね。 子どもたちが大好きな「おっぱいさん」とのお別れが、 納得できるものであり、 次へのステップにいける元気な心を身体ももった子どもに育つように。

<前のページ お知らせ一覧に戻る