1. ホーム
  2. お知らせ
  3. お知らせ
  4. NEW!ベビーマッサージの安全性について

ママズケアの取材・雑誌掲載情報や、
教室・セミナー等のご案内を掲載しております。
親子で楽しめるレッスンやイベントの他、
子育て相談も開催しております、お気軽にご参加ください。

お知らせ 2015.03.08
NEW!ベビーマッサージの安全性について

ベビーマッサージはアメリカではTouch Care(タッチケア)といわれ、未熟児(低体重児)で生まれた赤ちゃんが、愛情深い手で触れられると成長発達が促されたという、マイアミ大学やハーバード大学の研究から勧められています。

赤ちゃんに触れるのは、その赤ちゃんの養育者であり、日常生活の中での「なでさすり」です。1歳半までに、愛着を形成する対象を見つけられた子どもは、「他者」や「自己」に関する主観的確信を得て、自尊心をもち愛情深く人に接することができるようになります。

愛着が形成されると、安心安全の基地である愛着形成の対象者(養育者)が側にいれば、様々は新しい出来事にチャレンジでき、発育発達の手助けになります。

Mamas'Careのベビーマッサージは、おむつをかえたり、お乳をあげたりするのと同様に、ふれてマッサージしてあげることを日常の育児に取り入れていただけるようにプログラムされた内容です。

クラスでは、講師が参加者(主にママ)に、人形を使って説明し、実際に子どもにふれるのは、参加者の方です。

一部では、治療と称して乳児への整体を無理な状況で行い事故を起こしただ団体もあるようです。

通常いう「ベビーマッサージクラス」とは、育児中のママ達が集まる育児サークルのような場で、整体師などがおこなう治療ではありません。

<前のページ お知らせ一覧に戻る